ヤマハマリーナ沼津ブログ

スタッフレポート てんぷらにするとおいしいやつ!

こんにちは!最近はまた雨の日が続いておりますね。しばらく天気が良かったせいかふと
梅雨であることを忘れていましたが、釣する時ぐらいはやっぱり雨が降らないでほしいものです。

さて、6月2度目のスタ<ッフレポートになります。今回も2日間の出港となりました。
今回は久しぶりに中深海釣りとキス釣りに初めてチャレンジしてみようと思います。
初日は朝から雨。その中まずは富士川の河口へ。
シロギスが釣れると言う事なのでまずは場所を探ってみましたが、全くわかりませんでした。

今回気が付いたのですが、GPS画面上で見る富士川の河口と実際の河口の形状が異なっていました。
海底地形図を作成しつつ、あまり河口に近づいて座礁すると困るので水深3mを切るところで
無理せず引き返しました。

その後中深海釣りに切り替えたところドンコ、アカムツ、シロムツ等々。

その後御用邸沖まで戻りシロギス釣りに切り替え。


今回初めてだったのでどんな仕掛けを用意すればよいかわからなかった為、
事前に他のスタッフに聞いてとりあえずいろいろと揃えてみました。
エサはイソメ。久々に触りましたが、なんだか懐かしい。
中学生の頃はよく友人たちと沼津港でイソメを使って釣りていたのを思い出しました。

どうやら砂地の浅瀬にいるようでして、水深4~6m前後のところを、
イソメを付けて底をずるずると引きずるだけ。
本当にこんなので釣れるのかなあと思っていたところ、急にブルブルという反応が!

見事シロギスゲット!手軽で初心者でも非常に釣りやすいですね。
ただどのタイミングで釣り上げたらいいのか、早すぎても遅すぎてもダメなのでそこは経験積んで
感覚を養うしかないですね。餌を食べてる瞬間のイメージが重要。

他にも真蛸や、マゴチの赤ちゃんが釣れましたがさすがにこのサイズは小さすぎるので
すぐにリリースしてあげました。


この日の釣果はこんな感じです。

2日目、朝からシロギス釣り。午前中は非常にべた凪でしたが、お昼前から急遽予報が変わり、
西の風がかなりきつくなってしまった影響で無理せず撤退しました。


2日目の釣果はこんな感じです。

釣ったシロギスはてんぷらにしてそうめんと一緒に食べましたがこれがまたうまい!!

初めてのシロギス釣りでしたが思っていたよりも手軽で非常に楽しめたと思います。
ただ水深が比較的浅いところなので、釣りに夢中になって浅瀬に流され座礁したなんて可能性も
ありますので、船長の方は十分に注意してください。

スタッフレポート イカ!

先日再び調査に行ってまいりました。今回は湾内の比較的近場です。


↑今回もクイックドローによる海底地形図の作成を進めています。水深別で色分けすることも可能です。


仕掛けは前回と同じ食わせサビキで落とし込み。しかしこの日は朝から比較的東風が強く
操船に集中しないときつい状態。静浦港沖、狩野川河口沖、淡島まわりとやってみましたが
サバが多かったような気がします。ベイトの反応もイワシよりも小サバかなぁ。


写真で見るかと思いますが狩野川河口付近の潮目。右と左では色も違います波の立ち方がかなり違います。
風と潮の流れにもよりますが河口付近は三角波が立ちやすいため航行時は注意が必要です。

ただ潮目付近に魚の反応が良く見られました。ちなみに河口沖は大サバがかなりいたように見えました。
仕掛け回収時表層まで追っかけてきたのはやっぱりサバだったのかな。

マリーナに戻る前に長井崎沖でしばらくベイトを追ってみるといい反応。泳がせ用に餌確保と言う事で
サビキに替えたところたまたまですがイカが釣れました!釣れたというか引っかかったというのか・・。
水深60m前後、こんな昼間でもいるんだなあと言うそっちの方が驚きです。

スタッフレポート うねりにギブアップ

前回の続きです。
2日目、朝から西伊豆を目指しました。天候は風もなく海面も非常に穏やか。
大久保の鼻から平均25ノットで戸田までおおよそ20分弱、土肥を過ぎたのがおおよそ30分前後?
田子までおおよそ50分弱でしょうか。途中寄り道をしましたがそれでも思ったより早かったです。
西伊豆って遠いかなと思っている方、意外と近いですよ!


大瀬崎を過ぎると景色が一変します。海岸線沿いは非常にきれいですね。
この景色は海からじゃないと見れません!


朝の富士山。


土肥沖にてうっすら田子島が見えます。
土肥を過ぎてしまえば宇久須、安良里、田子、仁科、松崎・・・とあっという間です。


田子からでも富士山って見えるんですよね。さすが日本一の山!


田子島周辺は岩場がぼこぼこと海面から出ています。
GPSの画面をよく見ていないとちょっと怖いですね。(見ていても正直怖いです)
無理はせず安全な場所を通ります。


それにしても雄大な景色。伊豆半島にいるんだなと言う実感。


肝心の釣りですが、気になっていた根回りはすでに他の船で埋まっていた為、
田子島の沖合60~70mに移動。根がかり覚悟で底へ仕掛けを落としていました。
そして・・何か来たと思ったらタマガシラ!


しばらくして堂ヶ島沖に移動。


水深30m前後でなんとかカサゴゲット!

この時風こそなかったものの、南からのうねりが入っておりました。しばらく様子を見ていましたが
収まるわけもなく、それでも浅場から中深に移動。しかし沖の方がうねりがきつい!
中深海釣りをやろうとしましたがさすがのうねりに耐え切れず船酔いしてしまいました。
ここまでひどい船酔いは久しぶり。これは無理だと思い、西伊豆にきて数時間でやむを得ず
撤退することにしました。

帰港するときは追い波。波に乗る瞬間~下る瞬間がひやひやします。その為慎重にアクセルワークを
行いながら走りました。無理してスピードを出さない事。まだ向かい波のほうがましだな・・・
と思いながらながらゆっくりゆっくり湾内を目指します。行きは早く感じますが帰りはなんだか長く感じますね。
戸田を過ぎたあたりでうねりによる影響はなくなったものの、大瀬を過ぎると今度は東風で海面はジャバジャバ。
風向きによっては湾内は風が強くても大瀬を越えた先は静かという場合もあります。


釣果はタマガシラとカサゴ。そこに落とすたびにタマガシラばかりが釣れてました。


数日寝かせてから塩焼きにして食べてみましたが、ふっくらとして美味しかったです♪

予報で風がなくともうねりが入っている場合もあるので正直行ってみないとわからないですがやはり
無理はしない事。安全は第一ですね。
でも景色といい水のきれいさといい、西伊豆は非常に魅力的だと思いますね。
次回天候が良いときに再度調査に行きたいと思います!

スタッフレポート 逃した魚は・・・

5月のスタッフレポートです。ここ最近は天候に恵まれなく出れない状態が続いていた為、
ようやく出港できる喜びをかみしめておりました。ちなみに今回は2日間の出港となりました。

初日、すっかり日の出が早くなりましたね。なので4時半には出港。
まずマリーナ周辺を探りつつ、海底地形図を作成していきます。
クイックドローを使えばより細かい等深線が作成され、どこに根があるのか判別できます。
れは非常に便利な機能だなと思います。

マリーナ沖にてベイトの反応が濃く、船の上からも魚の群れが確認できるよう状態。


その際の魚探の反応です。この画像では25~40m弱の水深までびっしりベイトがいるのが分かります。


これは表層のベイトの反応です。水深が4.4mになっていますが海底ではなくベイトの群れの真上に
いる為このような反応となります。


今回使用した仕掛けはこちら。初めて食わせサビキを仕掛けを使用します。
これだけ反応があれば何かベイトを追って大きな魚が釣れるか!?

しかし中々針にかからず。おそらくやり方が悪かったのかなと思います。どうやら今回のベイトは
カタクチイワシと小鯖のようでした。何匹か確保して生簀へ。
気づけば2時間ほどベイトを追い回していていました。

そのあと静浦沖の防波堤前と移動。邪道かもしれませんが先ほど確保したベイトを同じ
仕掛けにつけて落とし込み。しばらく待っていると竿先が激しく動き来た!!と興奮。
焦ってはだめだと思いしばらく様子を見てここぞとばかりにフッキング。
しかしさっきまであった感触はなくどうやらばらしてしまったようです・・。
ヒラメなのかマダイなのかそれとも・・・。何かの歌でありましたが逃がした魚は大きいぞ!

次に狩野川河口沖へと移動。


この反応は一体・・・!?右上は魚のように見えますが左側の斜めの反応が分かりませんでした。
ここでも食わせサビキの仕掛けを使用します、すると・・・

ワカシ!もうそんな時期なのかなあと思いつつ、入れたら釣れる・・かなりの数がいたと思われます。
ワカシ⇒イナダ⇒ワラサ⇒ブリと大きさによって呼び名が変わりますが、食べるにはにはまだ早いサイズですね。

その後ワラサ根周辺にて初めてのマダイのコマセ釣りをしてみましたが、エソしか釣れず。
10mの仕掛けの取り回しはやっぱり大変でしたね。

風が強くなってきた為この日は撤退です。


この日はワカシ、ショゴ?、カサゴ、マハタでした。
初めての仕掛け、釣り方でしたが、後日オーナー様にコツを教えていただきましたので、
次回出港時に再度チャレンジですね。

マハタの唐揚げ

先日オーナー様よりいただいたマハタを調理いたしました。何としてもおいしく食べたい!
最近ようやく出刃包丁を購入したので魚をさばくのが非常に楽になりました。

下処理終えてから2日間冷蔵庫で寝かせてあります。

今回唐揚げ粉を付けて唐揚げにして食べてみました。37㎝もあるので結構身が取れましたね。
揚げたてを口に入れた瞬間思わず「うまい!」と叫んでしまいました!
一瞬鶏肉の唐揚げと間違えるほど、身に全く癖がありません。皮を付けた状態で揚げましたが、
まるで鳥の皮の様。中骨も抜きませんでしたが全く気になりませんでした。
あまりのおいしさにすぐにぺろりと平らげてしまいましたね♪
ハタというと「鍋」というイメージがありますが唐揚げも非常に美味ですよ!

スタッフレポート 西伊豆クルージング?

4月最初のスタッフレポートになります。先週は急に寒くなって春はどこへ行ったのやらと
思っていりましたが、また今週は暖かくなるでしょうか。

ちょうど出港する前に係留している状態で魚探のキャプチャーを取っていました。
桟橋下にフグがたくさんいるので、恐らくこの反応はフグかと思います。
魚探の見方が分からないという方もいるかと思いますが簡単に説明いたします。

基本的には情報は右から左に流れていきます。右端に現れる反応が最新の情報で、
左に行くにつれてすでに過去の情報となります。
この画像の例でいうと、右端(水深で言うと3~4mの場所)に反応が出続けているので
今ボートの下に魚がいると判断します。

7秒後の画像ですが、右端を見ると先ほどの魚の反応が切れそうなのでもう通り過ぎるかな?
と言う判断です。ざっくりですがこういった見方で判断しております。

さて、話を戻しますがまずはマリーナ周辺や淡島横でサビキやタイラバをしてみましたが
全くダメでした。

画像はワラサ根沖に気になる場所があったので探った時の反応です。何か魚がいる様子ですね。
タイラバを落としましたが全くダメでした。やり方がダメなのでしょうか?

なんだかんだで10時前になると予報通り東風が吹き始めたので大瀬崎方面と避難!
大瀬崎を過ぎると意外にも湾内より穏やか?せっかくなのでこのまま西伊豆まで行ってみました。

東風の際、土肥沖は山からの吹きおろしの風で荒れる為、緊張していましたが、ここも意外に的静か。
あれ?と思いましたが、土肥を過ぎると田子島がすでにうっすら見えています。


田子島周辺の海底を見ると岩場でしょうか、起伏が激しいですね。またところどころ岩山が
見えたり、陸に近い場所は危険地帯があるので必ずGPSプロッターを確認しながら航行します。

しばらく田子周辺で釣りをした後、堂ヶ島の前まで行ってきました。
これだけ見るとクルージングの様ですね。
風も出てきたのでラストかなと思い、堂ヶ島沖90mの場所で仕掛けを落とすと落とした瞬間に
何かがヒット!模様が奇妙ですがいいサイズのアヤメカサゴ!

最終的な釣果はアヤメカサゴとレンコダイの2匹です。

写真映りのことを考えていなかったので美味しそうに見えるかわかりませんが、
他の魚と一緒に煮つけにして食べたら非常に美味しかったです!

天気が良ければ西伊豆のほうまで足を延ばしてみるのもいいですね!
今回きちっと時間を図らなかったのですが、今回使用したYFR-24ですとおおよそ1時間~1時間半ですね。
海岸線も美しいですし、何より、何か釣れそうな予感がします。

スタッフレポート 泳がせをやるはずが・・・

3月2度目のスタッフレポートです。
月半ばに調査に出たのですが、前回まったくもっての坊主であったため掲載できませんでした。

中深海釣りばかりしていたのでさすがに浅場の釣りも覚えないと・・・
この日はベイトを釣って泳がせてみよう!あわよくばヒラメを狙おう!
と意気込んでいたのですが、全く釣れず。

まずはサビキ釣り。
マリーナ近辺にベイトの反応はあるのですが全くかかる気配がなく。
サビキ釣りって一見簡単に見えるのですがボート釣りですとどうしても船が流されてしまうので
思ったところにとどまるのが難しい!コマセかごをフリフリしてもその間にボートが流されて
しまうので、餌だけ置いてきぼり。ずっと操船に集中するか、行って戻ってを繰りかえすか。
前者は釣りに集中できないし、後者はひっきりなしに竿揚げて降ろして落ち着きませんね。
昼間はアンカーが打てない為、そうなるとやっぱりアイパイロットの力が必要か・・・・

磯ヶ根でも試してみましたが釣れず。そのあと原沖へと北上。しかし原の沖合は西からの
うねりが入っていた為船酔いになる前に撤退。千本沖に移動し、さすがに坊主はまずいと吹き流しに変更。
いつもより浅い60~80mでひたすら流していきました。
その間にもガーミンのクイックドローで海底地形図のデータを収集。

ヒットが来て妙に暴れるなと期待していたのですが、まずはサバでした。本当に元気がいいですね。
次にヒメコダイ。癖のない白身で、てんぷらやフライにするとおいしいですね。

そのあと妙に赤いホウボウが釣れました。調べてみるとカナドというホウボウの仲間のようです。

今回の釣果は少なめです。ヒラメどうのこうのと意気込んでいたのはどこへ行ったのやら。

最後に何とか釣れたトラギスで泳がせをしました。数十分待っていると暴れた後急に竿が重くなり来た!と
一気にテンションが上がったのですが、ただの根がかりでした・・・。残念。

陸上からではなくボートの上でどうすればベイトを確保できるか(確率を上げられるか)が次の課題です。
今回はいろいろと考えさせられました。ただ仕掛けを海に落とすだけではやっぱり魚は釣れませんね。
海中では餌・仕掛けがどんな流れ方、動き方をしているのか常に考えないといけないなと。
まだまだビギナーですが徐々に経験値を上げていきたいと思います。

次回4月は何が釣れるのか非常に楽しみですね!

静浦港沖浮き防波堤 航行注意

[ Information ]

注意情報です。
現在静浦港の沖合にある浮き防波堤の一つ(南側から数えて2番目)が大きく飛び出しております。
航行の際(特に夜間)は十分注意をして下さい。

2021年4月1日~ 燃料価格変更のお知らせ

[ Information ]

日常の燃料単価上がる中、ヤマハマリーナ沼津は燃料単価据え置きで運営して参りましたが、
原油価格高騰を受け4月1日より単価価格を10円上げさせて頂きます。
ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。


スタッフレポート とにかく底もの

[ スタッフレポート ]

3月に突入いたしました!寒いのかあったかいのかよく分からない天候が続いております。
ですが、この日はまさに「春」というような陽気で厚着していたら汗をかいてしまいました。

最近ですが魚探の反応を見ているとなにやら魚の反応が増えたような気がします
出港前マリーナ周辺を探ってみましたが確かに魚がいるような・・・。


実際何の反応だったのか気になりますね。
ガーミンはスクリーンショットができるので非常に便利です。
ヤマハマリーナ沼津では現在シースタイル艇(AS-21、SR-X、YFR-24)にガーミン魚探を完備して
おりますので気になる方は是非ご利用ください。また使い方等スタッフが丁寧に教えます♪
またガーミン魚探が気になるor魚探の買い替えを検討されているオーナー様もスタッフに
お気軽にお声掛けください!

宣伝はこれくらいにして本題です。

風もなく海も非常に落ち着いたため、今日は色々行くぞ!と意気込んでいたのですが・・・・
まずはまずは奥の方へと。結局いつもと同じような感じになるような予感が。

適当に船を走らせて、等深線を見てここかな~?と思うところで仕掛けを落としていきます。
水深80m半ば、そこから浅い方へと流していきます。しばらくゆらゆらしていると何かヒット!


なんとマハタでした!ハタ系が掛かってくれたらいいなと思っていたのでラッキー♪

幸先いいなと思いながら次の当たりを待ちます。それからからしばらくして竿にいきなり
大きな反応があった為、期待をしながら糸を巻き上げていきます。やっぱり電動は楽ですね。

何かと思いきやアマダイ!しかも大きめ!


お腹が黄色いのがやや気になりますがまあおおきいいので良しとします。
3時間ほど周辺りを探り、30分ほど中深海釣りもしましたが潮が完全に止まっていた影響か、
ポイントがダメだったのか赤いあの魚は今回はお目にかかれませんでした。

そのあと大瀬の方へ移動し、底を探りましたがましたが撃沈。
西風が吹き始めたのでこの日はこれで退散しました。


最終定期にアマダイ4、マハタ3、+オオメハタという感じでした。
次は根魚に絞ってやりたいと思います!と言いつつ、ついつい深場をやりたくなってしまう・・・

新着記事

アーカイブ

キーワード検索